体外受精や顕微授精で妊活~不妊治療専門病院でできる高度不妊治療~

費用に差が出る?一般的な治療費と宿泊しながらの治療費の違い

体外受精で妊娠できなかった時~顕微授精による高度不妊治療~

体外受精を行なっても妊娠できなかった場合は、高度不妊治療の顕微授精を行ないます。顕微授精は、妊娠確率が高い治療法ですが、体外受精よりも高額な費用がかかってしまいます。

体外受精の次のステップ・顕微授精による妊娠

体外受精で妊娠できなかった時に行なう次の不妊治療として、顕微授精があります。顕微授精とは、顕微鏡下で精子と卵子を受精するという治療です。卵子と精子を人工的に注入させるので、受精確率を高めることができます。従来の不妊治療では、精子の数が少なかったり奇形率が高かったりする場合は、ほとんど効果がありませんでした。しかし顕微授精は、精子の運動率や形体に関係なく受精が成立するので、受精確率を高めることに成功したのです。体外受精でも妊娠が難しかったカップルにも、希望がある不妊治療です。

顕微授精には条件がある

顕微授精は、不妊治療の中で最終手段とも言える方法なので、治療を受けられる人は決まっています。

男性不妊
総運動精子数が100万個以下という重度の男性不妊の方は、顕微授精の治療を受けることができます。また、無精子症で射精した精液中に精子が見当たらない方でも、精巣内や精巣上体に生きた精子が存在する場合は、その精子を活用して顕微授精を行なうことが可能です。
受精障害
受精障害がある場合も、顕微授精の治療を受けることができます。具体的には体外受精をしても受精が成立しない、抗精子抗体が陽性で受精率が悪い、多精子受精の発生率が高いなどがあります。

顕微授精の費用の合計

顕微授精の費用内訳は、「黄体期の維持に2万円~3万円」「受精卵培養に5万円~6万円」「排卵誘発剤に5万円~10万円」「胚移植に5万円~10万円」「顕微授精に5万円~10万円」「排卵に15万円~25万円」となります。さらに宿泊しながらの治療となると、長期間の宿泊代もかかります。 不妊治療専門病院によってかかる費用は異なりますが、1回の治療で50万円前後はかかるでしょう。

顕微授精の費用が高い理由

顕微授精の費用が高額な理由は、卵子に精子を注入する顕微授精という工程自体に、5万円~10万円程の費用がかかるからです。 妊娠率が高い受精卵を作るために、何回か顕微授精を行なうケースが多いですが、顕微授精では1つの卵子に1つの精子を注入します。その結果、繰り返し顕微授精を行なったことで、費用が高額になってしまうのです。

会社社長でも1人の女性~高度不妊治療中の心のケアは必須~

高度不妊治療を始めるにあたって、やっておきたいのが、心のケアです。高度不妊治療をしていると、肉体的な辛さだけではなく、精神的な辛さも感じます。会社の社長でも1人の女性ですから、心のケアを行なうべきなのです。

高度不妊治療のリスク

妊活を行ない、妊娠する確率を高めることはとても大事なことです。しかし体外受精や顕微授精などの高度不妊治療を行なうなら、リスクを考える必要があります。そのリスクとは、うつ病です。高度不妊治療は、身体にかかる負担が大きいだけではなく、結果がすぐには出ないという精神的な辛さもあります。そのためストレスが積み重なってしまい、うつ病と診断されるケースが多いのです。普通に生活をしている方で、うつ病になる割合は5人~10人に1人と言われています。ストレスを抱えやすい不妊治療中の場合、いくら会社の社長と言っても、1人の女性なので、弱い部分もあります。自分のストレスを見過ごして、うつ病にならないように気をつけるようにしましょう。

不妊治療中の不安

これから体外受精や顕微授精などの高度不妊治療を受ける女性は、治療のことだけを考えるのではなく、心の状態にも目を向ける必要があります。

体外受精での治療に懐疑的な人もまだいます。(30代/女性)

体外受精でしか子供を授かることができないのに、周りの人からは偏見の目で見られて、とても辛かったです。それだけではなく、治療を続けていて本当に赤ちゃんができるのか、夫に見放されたらどうしようとか色々考えてしまい精神的に疲れてしまうことが多かったです。

本当に妊娠できるかという不安が常に付きまといます。(40代/女性)

不妊治療中で特に辛く感じたのは、本当に妊娠できるかという不安が常に付きまとうことです。治療について十分な説明があれば不安は解消されるという考え方がありますが、私の場合、体外受精で不妊治療をしていましたが、どれだけ医師から説明を受けても不安に押しつぶされそうでした。妊娠する確率を聞いても、本当にその確率の中の1人に入れるのだろうか、というマイナスなことばかりを考えるようになってしまいました。

心のケアの重要性

不妊治療中は、様々な不安が付きまといます。それは自分で会社を経営しているような社長であっても同じことです。精神的な負担が大きくなると、精神疾患を発症するリスクが高まるだけではなく、妊娠しづらい身体になる恐れがあるのです。 ですから、不妊治療中は身体だけではなく、自分の心のケアをすることが大切です。

不妊治療なら心療内科受診の費用も考える

不妊治療中の心のケアは、心療内科や精神科で行なっています。心療内科を受診することを考慮して、不妊治療の費用の中に、心療内科受診の費用もプラスして考えておきましょう。

不妊治療中に心療内科を受診した場合、どのくらいの費用がかかりますか?
心療内科を受診した場合の費用は、初診で3千円~6千円程度、再診で2千円~3千円程度となります。費用の内訳としては、「診察代」「検査代」「処方代」「薬代」となります。診察時間や検査、処方される薬は病院によって費用は異なります。詳しい金額を知りたい場合は、心療内科に問い合わせてみると良いでしょう

TOPボタン